超遅咲きラブライバーの凛ちゃん大好きブログ‐でもみんな好き

星空凛ちゃん激推しだけどみんな好き♪ラブライブ!に触れたことのない方に少しでも興味を持って貰えたらと思いブログをはじめました!購入したグッズの紹介や勝手に神曲紹介、スクフェスやACプレイ日記など遅咲きなりの視点で書いていこうと思います。ラブライバー生活を共に楽しんでいきましょう♪

スポンサーリンク

HOMEラブライブ!グッズ劇場版ラブライブ!挿入歌シングル3『僕たちはひとつの光/Future style』購入!

劇場版ラブライブ!挿入歌シングル3『僕たちはひとつの光/Future style』購入!

劇場版ラブライブ!挿入歌シングル3_僕たちはひとつの光_購入

昨日は連動購入特典の収納BOXを先に紹介しましたが、

ついに劇場版ラブライブ!挿入歌シングル第三弾、
『僕たちはひとつの光/Future style』が発売されました!

そうなんです・・ついに発売されてしまいました・・・
涙腺が崩壊した劇場版を思い出してしまう、あの名曲が!!

あの曲調と、メンバーの名前が散りばめられた歌詞の組み合わせ、そして流れるタイミング・・・
劇場で『っう!・・・』っと胸が締め付けられるようにならない訳がありませんでした・・・

CDや神曲紹介の記事は、いつも後ろでその曲をエンドレスリピートさせながら書いているのですが、
あれ?おかしいな・・
ディスプレイの調子が良くないのか、すこし画面が滲んでいて、とても文章が書きづらいです・・・(笑)

それではいつものように紹介していきたいと思います!

カバーアートは、『僕たちはひとつの光』衣装の2年生。
彼女らがスクールアイドルを始めなければ、この曲も衣装も存在しなかったわけです。
幼馴染という固い結束の元、最初の光となった三人は、このCDのカバーアートに相応しいです!
劇場版ラブライブ!挿入歌シングル3_僕たちはひとつの光_カバーアート

ケース裏のデザインは前作までの2枚と異なり、表のデザインを継承したような物になっています。
これからますます羽ばたいてくれるかのように、そこには空が広がっています。
サニデイCDの脚も好きでしたけど、三枚のCDの中で最も好きなデザインかもしれません。
劇場版ラブライブ!挿入歌シングル3_僕たちはひとつの光_ケース裏デザイン
(最もかわいいと思ってるデザインは、AA裏のハロ星の凛ちゃn(ry (デザインじゃなくてイメージだし(笑))

今回の帯の文言は納得の「いまが最高!」。
ストレートでシンプルではありますが、僕光にこれ以外の文言は無粋なのかもしれません。
劇場版ラブライブ!挿入歌シングル3_僕たちはひとつの光_帯
(私の好きなジャンルのメロハー(メロディアスハードロックの略)とかの帯風に書かれたとしたら、
『ほのかな予感は今、眩い閃光となって天高く舞い上がる!琴線に触れるそのメロディーと感動を呼び起こす歌詞はまさに珠玉そのもの!奇跡の旋律を今貴方に・・・』みたいにすーっごく長くて恥ずかしくて面白い感じに書かれるでしょう、好きなんですけどね(笑)気になる方は『メロハー 帯』で画像検索!w)


大切なCD紹介で話を脱線させて申し訳ありません・・・

今回の帯後ろ側も、上部に花のデザインがワンポイントで入っていますね。
劇場版ラブライブ!挿入歌シングル3_僕たちはひとつの光_帯裏デザイン

帯裏も花を意識したような枠になっています。
劇場版ラブライブ!挿入歌シングル3_僕たちはひとつの光_帯裏

今回は各所に、この『花』のデザインが施されています。
『僕たちはひとつの光』の映像からすれば、やはりこの『花』は欠かせないでしょう。
劇場版ラブライブ!挿入歌シングル3_僕たちはひとつの光_歌詞カード

と言う訳で、レーベル面もこの『花』ですし、
劇場版ラブライブ!挿入歌シングル3_僕たちはひとつの光_レーベル面
(前作二枚はCDの表面、って感じのレーベル面でしたが、今回は一応ピクチャーレーベルっぽく色が付いていますね)

CDを取り外した個所にも『花』があります。
劇場版ラブライブ!挿入歌シングル3_僕たちはひとつの光_CD収納部


気になるラブカ!

前回、推しの凛ちゃんを出すことによって、完全に運を使いきってしまっているハズですから、
期待はしていませんでしたが・・・

なんとAAの時同様、今回も『ことりちゃん』でした!!
劇場版ラブライブ!挿入歌シングル3_僕たちはひとつの光_ラブカ

さすがのことりちゃん、絵柄もですが、メッセージも可愛いです♪
劇場版ラブライブ!挿入歌シングル3_僕たちはひとつの光_購入_ラブカ裏
あなたに会いに行きます!カード・・・これは是非とも推しが欲しくなる!!
誰か凛ちゃん出た人いません?(笑)

曲の感想


『僕たちはひとつの光』、なんだかせつない感じの曲調なんですよね、やっぱり。
そして、もうとんでもなくヤバいのは、歌詞です・・・

『SUNNY DAY SONG』の記事ではスクールアイドルの集大成のようと書きましたが、
こちらはまさにμ'sの集大成といったところでしょうか!

メンバーの名前の一部を違和感なく歌詞に溶け込ませるのは、きっと苦労したと思います。
一人ずつフレーズを考えれば良いわけではなく、曲全体を繋いでいかなければいけない訳ですから、ただボキャブラリーに溢れているだけでは良い歌詞は出来ないと思う訳です。

しかし、メンバーの名前の件も凄いのですが・・・
っあいけない、また涙が滲んできてディスプレイが・・・(笑)

実は劇場で始めてみた時は、メンバーの名前が入っている前半では、「す、すごい!メンバーの名前が!」って感じで、涙腺崩壊までにはなってなかったんです・・・
グワッっと心を掴まれてしまったフレーズ、それは次の箇所です・・・ダメだ・・・涙が・・・
(リアルに涙滲ませながら書いてますからねw)

『光を追いかけてきた僕たちだから
さよならは言わない
また会おう 呼んでくれるかい?
僕たちのこと
素敵だった未来につながった夢
夢の未来 君と僕のLIVE&LIFE』
(『僕たちはひとつの光』の歌詞より一部抜粋)

「さよならは言わない、また会おう、呼んでくれるかい?」
ここを聴いたときに、崩壊しました・・・
あの映画のストーリーで、最後に流れるこの曲で、そんな台詞を言われたらそりゃ涙しますよ・・・
ラブライブ!という作品に出会って、「これだからラブライブ!って好きなんだよな」っていういくつもの要素に惹かれた自分です。
その感覚を劇場でやはり感じることができた、たった22文字だけど大切な22文字。
それは、あの日の自分の胸に深く刻まれました・・・

それから、劇場ではもう涙腺崩壊中で涙をぬぐうのに忙しくて気付けなかったのですが、歌詞カードで気付きました。
「君と僕のLIVE&LIFE」って!
小鳥の翼が大きくなる件もそうですが、それまでのμ'sの楽曲の答えになっているようで、やはりさらりと聴き流せない深さがあります!


対する『Future style』は、第一期の一話で流れた『ススメ→トゥモロウ』に近い感覚の希望に満ち溢れたような曲です!
劇場版で流れた『ハロ星』や『?ハトビ』は、時間の流れをミュージカル調で表現していた物と思いますが、
『ススメ→トゥモロウ』や『Future style』は彼女らの心情をミュージカル調に表現している物だと感じます。

劇場版の前2曲の映像や曲の入りがかなりインパクトの強いものなので、少しミュージカル感は少なく感じるのですが、
いつも新しいことに挑戦して、未来へ進んでいく、そんな彼女らをよく表している曲で、ある種ブレイクタイムのような、安心した時間を感じることができたような気がします。


ここまで書いてきて、プレビュー見てみて、うわっ長!!!と思ったのでwこの辺でキリを付けておこうと思います(笑)
大丈夫、もう涙は滲んでいません!w

三週連続で、素晴らしいCDを入手できて大満足!
アニメイト連動購入特典だった収納BOXに入れて、大切に保管しておこうと思います。

μ'sの活躍はまだまだ続いていくはずです!
だってスクフェスの『ユーザー数全世界1500万人&国内1000万人突破記念キャンペーンのお知らせ!』
■キャンペーン第六弾!
スクフェスのための書き下ろし新曲制作決定!
「タカラモノズ/Paradise Live」、ユニットコラボ楽曲に続く、スクフェスのための書
き下ろしシリーズ第三弾!!

などが待っていますからね♪

「さよならは言わない、また会おう、呼んでくれるかい?」
何度でも・・・呼びます!!

スポンサーリンク

☞ 関連記事

こんな記事も読まれています

4 Comments

No title

『僕たちはひとつの光/Future style』の記事と言う事で感動的な記事になるんだろうなーと思って見ていたら、
『メロハー 帯』のくだりのおかげで爆笑してしまいました…。
微妙に前置きが長く、微妙にどこかがずれている帯の文章…考えた人に脱帽ですよw

『僕たちはひとつの光』は、アニメ版ラブライブ!の現時点での最後の曲で確かに終わりを感じるんだけど、でもどこか前向きな歌詞が気に入ってます。
いまが最高!

『Future style』は同じ劇場版挿入歌の『ハロ星』『?ハトビ』の想像の斜め上を行った曲調とインパクトが強すぎて正直最初に劇場で聴いた時は「良くも悪くも正統派な曲だな~」と思っていたのですが
劇場で何回も聴き、そしてCDでフルver.を聴く内に「これからみんなで楽しい事を始めようよ!」って穂乃果ちゃんが誘ってくれている気がしてきて今ではすっかりお気に入りになりましたw

自分もまだまだラブライブ!とμ'sの活動は続いていくと思っています!
アニメが終わったから終わりではなく、アニメが終わったからこそ新しいラブライブ!とμ'sが始まる!って『僕たちはひとつの光』を聴いていて思ってしましました。

毎度、長文で申し訳ありません;;


りんどう

2015/07/16 (Thu) 23:10
 | EDIT | REPLY |   

No title

歌詞カードの花、色違いで9つなんですよね。そういう細かい演出も好きです。
歌詞を読めば読むほど、曲を聴けば聴くほど、μ'sを大切にしないと!盛り上げて行かないと!!
と思っちゃうんですよね。
だって、みんなが大切にして、呼び続けたら、必ずまた会えるってこの曲は言ってくれてるから。
これからもお互いラブライブというコンテンツ、μ'sという女神を大切にしていきましょー!

(っ'ヮ'c)<ハラショォォォォオ


ビルドラブライバー

2015/07/17 (Fri) 01:18
 | EDIT | REPLY |   

Re: No title

りんどうさん、コメントありがとうございます!

> 『僕たちはひとつの光/Future style』の記事と言う事で感動的な記事になるんだろうなーと思って見ていたら、
> 『メロハー 帯』のくだりのおかげで爆笑してしまいました…。
> 微妙に前置きが長く、微妙にどこかがずれている帯の文章…考えた人に脱帽ですよw

いや、載せるべきじゃなかったかなーと思いつつも、ラブライバーなメロハー好きに出会えるかもしれないという淡い期待でついつい書いてしまいました・・・^^;
で、改めて自分で『メロハー 帯』の画像検索したんですよ。そしたら自分のブログの僕光の写真がチラホラヒットするようになっちゃてましたwww
もしかしたら私は大罪を犯したのかもしれない・・・w


> 『僕たちはひとつの光』は、アニメ版ラブライブ!の現時点での最後の曲で確かに終わりを感じるんだけど、でもどこか前向きな歌詞が気に入ってます。
> いまが最高!

「でもどこか前向き」、それが特に判りやすいかなーと思うのがブログで書いた涙腺崩壊箇所に感じて、聴けば聴くほどμ'sを呼びたくなるんですよ!


> 『Future style』
前2曲のインパクト、本当に凄いですからね~!
曲全体も耳に馴染んできてお気に入りになりましたが、序盤の「新しい日々の中で~」の海未ちゃんの所のメロディーがなんか凄い好きです!ちょっとピンポイント過ぎますかね?w

> 自分もまだまだラブライブ!とμ'sの活動は続いていくと思っています!
> アニメが終わったから終わりではなく、アニメが終わったからこそ新しいラブライブ!とμ'sが始まる!って『僕たちはひとつの光』を聴いていて思ってしましました。

とても良い言葉ですね!!私も同じような気持ちで、女神たちを追いかけていきたいと思っています!!


超遅咲きラブライバー

2015/07/17 (Fri) 21:48
 | EDIT | REPLY |   

Re: No title

ビルドラブライバーさん、コメントありがとうございます!

> 歌詞カードの花、色違いで9つなんですよね。そういう細かい演出も好きです。

実はビルドラブライバーさんに言われて気づきましたw
でもそういう細かいところへの配慮?がラブライブ!という作品のクオリティにも繋がっていっているんだと思います!

> 歌詞を読めば読むほど、曲を聴けば聴くほど、μ'sを大切にしないと!盛り上げて行かないと!!
> と思っちゃうんですよね。
> だって、みんなが大切にして、呼び続けたら、必ずまた会えるってこの曲は言ってくれてるから。

μ'sにとって節目の曲であることは間違いないと思いますが、これからの未来を感じさせてくれるそんな曲でもあります。
みんなμ'sが好きですからね、呼んだら答えてくれると言われているようで、大好きな一曲になりました!

> これからもお互いラブライブというコンテンツ、μ'sという女神を大切にしていきましょー!

今の超遅咲きラブライバー!があるのはビルドラブライバーさんのおかげです!!
あの日、別の件で久々にお会いし、ほんのちょっとの話の流れからラブライブ!を紹介され見事にハマりましたw
こんなにハマっちゃうとは自分でも思っていませんでしたが、
グッズ追いかけたり熱く語ったり、毎日楽しくて感謝しております!

これからも女神たちを応援していきましょう!!


超遅咲きラブライバー

2015/07/17 (Fri) 23:51
 | EDIT | REPLY |   

Post a comment

Author: 超遅咲きラブライバー

超遅咲きラブライバー

2015年2月からスクフェスきっかけでラブライブ!に出逢い、アニメ観たらどハマりしちゃった新参者です。ラブライバーを名乗るにはおこがましいですが、大好きになっちゃったんだからしょうがない!