ラブライブ!の魅力 ひと言じゃ語れないし書き切れない!

loveliveimage01.jpg

ラブライブ!の魅力を語るなんて5年早い(2010年に誌上で企画が開始されたそうです。)のは判っているのですが、普段美少女系のアニメを見ない人間の目から魅力的に写った部分が伝われば良いなと思い、書いてみることにします。


―ただのアイドルものじゃない!スクールアイドルというもの―

芸能プロダクションのオーディションを受けて、合格後にプロダクションに所属して、与えられた楽曲の歌とダンスを覚える・・・っていうのが一般的に思い浮かべる『アイドル』だと思います。
ところがスクールアイドルは一言で言ってしまえば、学校内で結成された『素人』なわけで、自分たちで曲を作り、作詞をし、衣装を作り、振付を考えて練習する、と下手したらプロのアイドルより忙しいんじゃないの?っていうくらい(笑)とにかく頑張っています。

―大義名分があると、人って応援したくなる―

ラブライブ!アニメ第一期では、主人公は、自分の学校が廃校の危機に見舞われ、入学希望者を増やしたい為に、スクールアイドルをやることで注目を集めようとします。これがスクールアイドル活動をやるきっかけとなる訳です。
9人のメンバーはそれぞれ様々な思いも併せて活動に参加していくわけですが、この『目標』に向かって『仲間たちが増えていく』ストーリーが、第一期の人気の高さの一つだと思います。

―超王道!だけど気持ちいい。―

例えば秘境を探検する冒険家の有名な映画のシリーズ物を観ているとして、ピンチに陥った主人公が絶命することなんて誰も望んでいません。それどころかどんなにピンチになっても「きっと彼は死なないのは判ってる。でもこのピンチをどう乗り越えるんだろう?」っていうことを楽しんで観ていることと思います。

ラブライブ!もそれに通ずるものがあるというか、主人公の力強さをすごく感じる作品です。
底抜けに明るく、この主人公ならなんとかしてくれそうな感じがある。
またストーリー上でも、そんなこと現実ではちょっと難しいんじゃないの?っていう『主人公スキル』を発揮するシーンもあります。
しかし、王道ストーリーを貫くには王道主人公である必要があるのだと感じます。

―誰を推せば良いか迷うほど、とにかくキャラが良い―

アイドル物には「推し」という概念があるのはラブライブ!も同じで、まさか自分が『推しメンは~~』なんて言葉を使う日が来るとは夢にも思いませんでした(笑)
スマホアプリ『スクフェス』の初期メンバーを一人決定する時には「う~ん、誰が良いかなぁ・・・」と
「この娘!」という風にはならなかったのを覚えているのですが、アニメを見ていくと各話の印象的なエピソードなどによって、全員が好きになっていくのです。(その中でも私が特に推しているのが凛ちゃんって感じです。)
高校生活、そしてラブライブにかける一人一人の想いが伝わってきます。

―圧倒的なダンスシーン―

3Dと2Dを併用したPVシーンも魅力です。
所々の決めとなるポーズや寄りは2D、ダイナミックさを演出するために3Dを使用しているシーンはグイグイとカメラが動きます。
この効果によって、アニメの中の臨場感が増し、何度も何度もPVを観たくなってしまいます。
最近の殺伐としたアニメに疲れている人、嫌気が差している人、あまり視聴していない人ほどラブライブ!に引き込まれていくのではないかなと思います。
まずは毛嫌いせずに一話だけでも観てみて欲しいと思う次第です。

公式サイト『ラブライブ!Official Web Site』ではアニメ第一期、第二期のそれぞれ第一話などが無料で視聴できるようになっています。
もちろんスマホアプリ『スクールアイドルフェスティバル』から手を出して、ラブライブ!の世界に触れてみるのも良いと思います。

こんなに面白いコンテンツ、そうそう無いとおもいます!


関連記事

にほんブログ村 アニメブログ ラブライブ!へにほんブログ村FC2Blog Ranking

スポンサーリンク


こんな記事も読まれています


コメント

はじめまして
ググってたらこちらに辿り着きました。

私は更に遅咲き組なのですが…ハマり方がパネェですね!
スクフェスでまだエキスパートに足踏み入れた程度ですが
お互い精進?していきましょう~。
Re: はじめまして
こおひさん、コメントありがとうございます!

> 私は更に遅咲き組なのですが…ハマり方がパネェですね!

お褒めの言葉と受け取って、ありがとうございます!(笑)
そうですねぇ~完全にハマっちゃいましたね~だって可愛いだけじゃないんです、面白いんですもん!

> スクフェスでまだエキスパートに足踏み入れた程度ですが
> お互い精進?していきましょう~。

スクフェス開始当初、音ゲーは得意な方だと思っていたので『えぇい!一気にエキスパートだー!!』
って挑戦したらあまりの難しさに即死したのは良い思い出です。
今はフルコンはまだまだですが、エキスパートを普通にクリアすることぐらいはできるようになりました。

音ゲーとしてちゃんと面白いのがスクフェスの良い所ですよね♪
カードが助けてくれるとは言え、自分の音ゲースキルが上がらないとクリアできないってのが他のソシャゲーとは違うところだなぁと。

お互い頑張りましょう♪

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

超遅咲きラブライバー

Author:超遅咲きラブライバー

2015年2月からスクフェスきっかけでラブライブ!に出逢い、アニメ観たらどハマりしちゃった新参者です。
ラブライバーを名乗るにはおこがましいですが、大好きになっちゃったんだからしょうがない!

祝ってみた記事
飾ってみた記事
撮影してみた記事
ブログランキング
自信な~いけど頑張~るにゃ♪
にほんブログ村 アニメブログ ラブライブ!へ
にほんブログ村

ラブライブ! School idol project ブログランキングへ

FC2Blog Ranking

いつも仲良くして下さるお友達様のブログ

スポンサーリンク